広こし ゆみこ

記事一覧(106)

ハマ弁について教育委員会会議で話し合いするよう要望書提出

横浜市教育委員会が驚くことに教育委員会会議で一切ハマ弁について話し合いがされていないので以下の内容のものを提出しました。↓↓↓↓横浜市教育委員会の定例会、もしくは臨時会にてハマ弁について議題としてあげることを要望します平成30年4月、鯉渕教育長は働き方改革より先に第一の課題としてハマ弁の利用率をあげることを課題と発言していました。しかし、今年度、横浜市教育委員会の定例会、臨時会にてハマ弁の当日注文についての結果や値下げしてどの程度の効果があったのか、全く話し合われていません。会議録を見ても、平成29年12月1日の定例会で宮内委員が「ハマ弁が売れないのは今大問題だ。利用率が伸びないのは根本的に問題がある」という指摘があるのにも関わらず、教育予算が足りないと言われるなかで予算を追加して値下げして、先生の負担軽減が問題になっているのに教員動員して試食会をし、当日注文で3ヵ月2000個以上のハマ弁を廃棄しておきながら、ハマ弁について一切話し合われないというのは、あまりにも無責任ではないでしょうか?今わたしのこどもの小学校では介護で退職された先生の後任を要請しても、臨任の先生の登録が皆無と言われ、今いる学校内の先生のなかでやりくりしなくてはいけない状態です。一方中学校では家庭科の先生が二ヶ月も見つからずこどもたちは自習をし、二学期の成績もつかないということでした。ハマ弁の利用率という狭い視点で見るのでなく、ハマ弁の問題点全体に目を向け、限られた予算は先生増員に使わなければ、横浜では義務教育すらまともに受けられない危機にあります。この現状も含めてきちんと定例会、臨時会で話し合ってください。横浜らしい中学校昼食も横浜らしい教育も、現状を見れば「横浜らしさ」は誉め言葉や誇らしい言葉として使えないような状況だと思います。それなのにも関わらず教育委員会の健康教育課、教育長、そして林市長は利用率をのばすことに重点を置くのであれば、こどもたちの悲鳴も先生たちの苦しい声も保護者の要望も聞こえないように思えます。市民、そして現場が納得出来るよう、きちんと横浜市教育委員会定例会、臨時会にてハマ弁について話し合いをしてください。ハマ弁について皆さんのコメントも添付しますのできちんと読んでいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。また陳述を希望します。

「横浜らしさ」ってなに?

横浜らしいデリバリー給食?横浜らしい中学校給食?そもそも横浜らしい中学校昼食としてデビューした噂の東京マガジン常連のハマ弁。「横浜らしい」がいかに愚かで曖昧かギタンギタンにぶたぎってらっしゃる委員がいらっしゃいました。平成26年12月19日の横浜市教育委員会議事録、坂本委員の横浜らしい中学校昼食のあり方が議題になったときの発言です。ぜひご覧くださいませ。↓↓↓↓↓↓これは大変長い検討の過程で、考え方も随分整理されましたし、プレゼンテーションも、第三者にとってすごく分かりやすくなりました。非常に良い記者発表をなさったと思っておりまして、その点については敬意を表します。そこまでで本当は終わりなのですが、そこまでできてしまうと、後は感想です。これは意見ではありません。私が横浜市の教育委員になってから気付いたことなのですが、皆様が「横浜らしい、横浜らしい」という言葉を、よく使っています。悪いことではないのですけれども、日本語として少し違うように思います。今後、何かを行った時の御参考になればと思うのですが、「横浜らしい昼食のあり方」とありますが、そもそも「らしい」というのは、資質について言うのです。こんな言葉は今どきではないのですが、男性らしいとか、女性らしいとか子供らしいとか、それから外国人らしいとか、それは何か資質について言うことなのです。ここに書いてあることは資質ではなく、横浜ではこれを選択しますよという、言ってみれば、横浜型昼食なのです。別に横浜らしくないですから、どこでやっても良いし、もし横浜らしいと言うのなら、洋食を初めて導入した所なので、給食は洋食を中心にする、などとしたら横浜らしいですけれども。しかし、ここに書いてあることは、いろんなことを極めて合理的に考えて決めたことであり、私は、ここは横浜型というほうが、日本語としては正しいと思います。これは感覚の違いです。それから、「横浜型配達弁当の概要」というのが3ページ目にありますね。これも横浜型などとつけるのは、いくらなんでも力が入り過ぎではないかと思います。こういうのは、一般的には選択型予約というのです。押しつけではなくて、自分がいろんな選択をできるという、それだけですよね。ここに書いてあることは。ですから、横浜型でも何でもなくて、これはどこでやっても良いわけで、こういう選択の仕方はどこにでもあるわけです。横浜型とか、横浜らしいといった言葉をお入れになりたい気持ちは分かるのですけれども、日本語として、私の感覚ではほんの少しだけ、ずれているなというのが感想です。

0104☆東戸塚☆カラフル街頭

新しい旗が届いてのカラフル教育クラブスタートです☆今年初のカラフルは1月4日、東戸塚にて。どうして無所属なの?どうして政党に所属しないの?て質問が多かったです。政党に所属したら政党の言うこと聞かなきゃいけないから。おかしいことも政党の考えで動かなきゃいけないから。野党の票を奪い合うんじゃってことも質問されましたが、市民にとって野党与党なんか関係なくって、ちゃんとやってくれる人が議員であればそれでいいわけで、議員が動くには市民が興味を持つことが大事、というお話をしました。なん票とんの?一万?可能性あんの?って聞かれた方もいて、さああああ┐('~`;)┌って言ったらあはは、一万ってスゴいよねーって笑いあってしまいました。応援したいけど、いれたい人がいるんだーって言われたのですが、わたしは自分にいれてと言うことで、相手を1票に見るのは嫌だし1票と見てしまうから選挙後知らん顔な議員が増える訳で 逆におかしいとか良くしたいという思いがあるならばどこの誰でもいいと思ってるので、自分が選挙に出ることは伝えても、いれるかどうかは押し付けたくないです。とにかく、カジノ反対。そしてハマ弁が意外と周知されてきたかなと思う街頭でした☆

神奈川県のデリバリー給食の様子

デリバリー給食からの給食の流れを調べてますが横須賀市の視点が横浜にはまずありません。★生徒の心身の健全な発達のために食育の充実を図る★市長は市民の皆さまや市議会からご意見やご要望をいただいている★子育て世代の負担軽減や満足度の向上★今後子育て世代を呼び込むという点からも優先度の高い事業これらの発想があったら横浜はもっと変われるのではないでしょうか。また川崎の給食に向けての資料がすごいです。これ、今までの横浜市教育委員会を見ていると横浜市教育委員会では作れないと思います💦横浜もハマ弁や親子形式自校式の計算してきちんと出して全国の調査も詳しく出すべきです。唯一のハマ弁が議案に出た議事録の内容と比べると横浜、猛烈に恥ずかしいです。そのときの会議内容はとにかくハマ弁を絶賛するものでした。より良いものを目指す工夫やデメリット、メリットを調べて記載することが必須ですよね。ちなみにデリバリー給食の他の自治体の様子や川崎、横須賀がどういう動きをしたのか軽く拾ったので、きちんとまとめてはいないですが参考程度にご覧いただけたと思います。[町田]★町田市の中学校給食は、2005年に「弁当持参」「(デリバリー)給食」を選択できる弁当併用外注方式によって開始。当初の喫食率(利用率)は40%以上でしたが、2017年度の平均喫食率は約13.2%(クラスで1~2人)と、非常に低い結果に。★町田市の中学校には、小学校のときのような給食がありません。町田市の中学校では、希望者にのみ、ランチボックス(=お弁当給食、デリバリー給食)が提供されます。しかし、内容・味・温かさに不満の声が聞かれ、さらに給食利用者がクラスで少数派のために利用しにくい…というような給食らしからぬ状況で、喫食率は2017年度は13.2%と下降の一路。全員給食を実施していない4自治体(町田・東村山・国分寺・東久留米)の中でも、最低レベルの数字です。一方で、東京都の自治体62のうち、58の区や市では、全員給食が実施(あるいは実施決定)されています。(町田で動いているママたちのブログより)[相模原]相模原市の市立中学校は全37校ですが、そのうち30校は「選択制デリバリー方式」という方法で給食を実施しています。いわゆる事前注文式の仕出し弁当(料金前払い)のようなものです。このデリバリー給食を利用するためには、生徒や保護者が各自注文をしなくてはいけません。給食を希望する場合、事前にコンビニ等で給食費を入金し、パソコンやスマホ又はマークシートで給食を注文する日を選び予約をしなければなりませんデリバリー方式の喫食率は平成26年度は44.9パーセントでした。「完全給食を実施している」と聞いて、「実は半数以上は弁当を持参している」と思う方はあまりいないのではないでしょうか。「相模原市立中学校完全給食実施方針」(相模原市教育委員会)によると、市は市立中学校においても、将来的には全員喫食の完全給食の実施を目指しているとのことですが、喫食率はデリバリー給食が実施された22年度の58.6パーセントから53.9、49.0、46.4、そして44.9と年々低下しています。 また、全員喫食を目指しているとは言うものの、学校保健課に問い合わせたところ、現状の設備では、生徒全員分の給食を用意するのは不可能だと言うのです。実際の目標は60パーセント程度のため、設備もその程度の利用数を想定したものとなっているそうです。(相模原で動いているママたちのブログより)[逗子]逗子市教育委員会は、平成23年2月に「逗子市立中学校給食実施方針」を策定し、その中で、逗子市立中学校で早期にボックスランチ方式の完全給食を導入し、栄養バランスのとれた安全な給食を提供することを定めました。この方針に基づき、逗子市立中学校において、ボックスランチ方式の完全給食を平成26年度から実施します。(逗子教育委員会HP より)[座間]☆利用率は28% 試行導入中の2校で、給食を利用している生徒は全体の約28%(2016年4月から9月分実績)。給食を利用する理由として「栄養バランスが良さそうだから」「家事負担の軽減のため」といった理由があげられたという。 市学校教育課は「現状、おおむね2カ月前までに申し込みを行わなくてはならず、改善を求める声も出ている。そういった声にできる範囲で応えられるよう調整を図りつつ、来年9月の全校実施を目指していきたい」と話した。(2016.9月タウンニュースより)[鎌倉]★親の働き方が多様であることや、様々な事情でお弁当を持参できないこともあり、保護者からも希望する声が多く出ています。また、朝ごはんを先生が学校で食べさせているという貧困の課題も抱えています。鎌倉市では、ようやく2017年2学期からの中学校給食開始に向けて準備を始めました。お弁当のデリバリー形式で、市の栄養士が全市統一の献立を作り、9校分3000食程度を調理・配送できる業者に委託する予定です。弁当給食の利用か手作り弁当の持参かは選択制です。まず今年度と来年度で1億2400万円の予算をかけ、受入室の整備を行うことになっています。 同様の方式で先行している逗子市に伺って、試食させていただきました。10月15日の献立は、ご飯(発芽玄米)と味噌汁、さんまの梅煮・回鍋肉・野菜の辛し和えは三つ仕切りのお弁当箱に詰められ、牛乳もありました。二人の栄養士さんの仕事は、献立を立て食材の調達まで行います。食材は、高知・北海道・鹿児島など全国から産直のルートを設けているそうです。さんまは高知から直送で、夜中から煮込み、骨まで柔らかくなっていました。ワカメは地場でもらってくるとか。野菜を多く使うことや家庭で後回しになるようなメニューを率先して入れているとのことで、熱心さが伝わってきます。申し込みは、在校時一括予約と1か月単位があり、1週間前までに変更可能なシステムを作っています。1食324円です。アレルギー対応は課題で、現段階での対策は、申し込みの参考になるように注文画面に食材の情報を出しています。 逗子市の給食の利用率は73%で高い。安全でおいしい給食を提供するためには、優れた栄養士を配置することは必須です。また、調理業務委託にあたり、仕様書の中に細かく書き込むことが必要であることを確認できました。(2015.10鎌倉元市議のブログより)[川崎]中学校完全給食の実施  (全校実施:平成29年12月)<市議会の動き> ● 市議会でも幾度か取り上げられ、行政当局の見解を質してきました。また、実施を求める市民の方々から、「請願」や「陳情」が市議会議長宛てに提出され、その取扱いを巡り、様々な立場から議論を行ってきました。 ● 平成23年3月には、中学校完全給食の早期実現を求める決議案を、全ての会派が共同で提出し、全議員の賛成により可決しました。川崎市議会全体の意思として決議することにより、行政当局に実施を強く働きかけることとなりました。中学校完全給食の開始時期について 川崎市立中学校給食の開始時期は、以下のとおりです。 試行給食開始  平成28年 1月  東橘中学校   完全給食開始  平成29年 1月  東橘中学校、犬蔵中学校、中野島中学校、はるひ野中学校 (川崎市教育委員会のHPより) [横須賀市]平成28年7月8日に開催した平成28年度第1回総合教育会議において市長と教育委員会で協議した結果、平成28年6月27日に教育委員会で決定した「中学校の昼食のあり方に関する基本方針及び行動計画」を踏まえ、市立全中学校で全員喫食による完全給食(主食・おかず・牛乳)を実施することを決定しました。同会議では、教育委員会は、生徒の心身の健全な発達のために、食育の充実を図る必要があることなど、また、市長は、食育の充実に加えて、市民の皆さまや市議会からご意見やご要望をいただいており、子育て世代の負担軽減や満足度の向上、そして今後子育て世代を呼び込むという点からも優先度の高い事業であることなど、それぞれ意見を述べました。完全給食実施の決定後、中学校の現地調査などの調査業務を調査会社への業務委託により行うとともに、市議会に設置された「中学校完全給食実施等検討特別委員会」、庁内の検討組織の「中学校完全給食推進本部」、教職員や保護者と教育委員会事務局とで構成する「中学校完全給食推進連絡協議会」などにおいて意見をいただき、実施方式などの検討を行いました。(横須賀市教育委員会HP より)[神奈川の給食歴史]★県内で完全給食を実施している公立中学校数の割合は25・7%。全国では87・5%(平成26年度)と大きな開きがある。現状で実施率ワースト1位だが近年、給食導入に転ずる自治体も増えている。★公立中学校の完全給食は、全国81.6%の学校で実現しており、首都圏では千葉が100%、東京が96%となっています。しかし、我らが神奈川は、わずか16.1%と全国ワースト2位。現在ワースト1位の大阪府では、橋下知事の肝いりで2011年度から5年間で何と246億円を補助する方針で、7.7%から一気に65%程度まではね上がる見込みです。そうなりますと、神奈川も今後おしりに火がつくことが予想されます。近年では、相模原市が導入中、逗子市も平成26年度の導入を検討しています。横浜市も検討の動きがあると文部科学省の担当者から聞いていますhttp://kobayashinobuyuki.com/index.php?SchoolLunch(平成23年横須賀市議の記事)[全国実施率]http://geopolitics.hatenablog.com/entry/2017/09/17/100000ワースト547神奈川県  25.7%46高知県   61.7%45兵庫県   65.1%44滋賀県   65.7%43大阪府   69%★平成28年の統計では、給食実施率、小学校は99.2%、中学校は88.9%。中学校の給食実施率が低い県は、神奈川県(27.3%)、兵庫県(62.9%)、滋賀県(65.7%)、京都府(71.8%)、佐賀県(74.4%)、高知県(75.2%)など。https://s.resemom.jp/article/2018/04/26/44281.html★2018年6月頃ですが、独自に集計とってまとめた内容です。神奈川県の低さと、東京都の実施度の高さが衝撃です(要は町田だけってこと)#都道府県別公立中学校完全給食実施率推移 https://t.co/S99U0apPZg★http://www.kanaloco.jp/sp/article/288414/神奈川県の公立中学校給食実施率(学校数)は平成28年度調査で27.2%ですが、川崎市の全中学校52校で完全給食が実施されることにより平成30年度には39.5%となります。※さらに座間市や鎌倉市の数値が上乗せされます。(給食ひろばさんのツイート)

ハマ弁署名☆ハマ弁の問題点

問題の多いハマ弁を早急にやめるよう求める署名を11月25日締め切りで集めました。問題点をみなさんにぜひ知っていただきたいと思います。横浜市はハマ弁に年間八億近い予算をハマ弁のシステム運営に使っ ています。横浜は教育予算が少なく、現場の先生は足りず、 休職する先生も多く、 わたしの子どもの中学校の家庭科の先生は休職中の代わりすら見つ からず自習をして3ヶ月過ごしました。他の自治体では大阪ブロック塀の事故をきっかけに、 ブロック塀の調査は業者に委託して早急に対応していましたが横浜 は予算が限られてるとして調査を学校や保護者に依頼しています。勝手につくったハマ弁の目標利用率を子どもたちに押し付けず、 問題山積みのハマ弁を速やかに中止し、 子どもたちや学校現場が必要としているものに予算を使うべきです 。 ☆ハマ弁PRに先生を“動員”、暴挙横浜市教委、公費で試食会 https://t.co/IQIP1oJbmy @カナロコ・神奈川新聞から ☆「ハマ弁」導入2年で利用わずか2% 迷走でも強気の市 (神奈川新聞) - LINEアカウントメディア https://t.co/2Nf9UVaO8i #linenews @news_line_meから ☆ハマ弁値下げでも利用低迷 使い勝手悪く、多額の公費投入 | 2018/5/25 - 神奈川新聞社 https://this.kiji.is/ 372475829738865761?c=0 ☆横浜市中学「ハマ弁」、市教委が費用過払い3750万円 http://www.kanaloco.jp/sp/ article/361577☆中学給食がない横浜市の代替策「ハマ弁」が経費過払いの大迷走 | inside | ダイヤモンド・オンライン https://diamond.jp/articles/-/ 180724?page=2 ☆「ハマ弁」苦戦続く 想定利用者数に届かず、廃棄も多くhttp://www.tokyo-np.co.jp/ article/kanagawa/list/201809/ CK2018091702000127.html☆1食に税金2600円!!中学生のお昼「ハマ弁」って?2018年6月3日放送 13:30 - 13:39 TBS噂の!東京マガジン 噂の現場https://datazoo.jp/n/1%E9%A3 9F%E3%81%AB%E7%A8%8E%E9%87% 912600%E5%86%86%EF%BC%81%EF% BC%81%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E7%94% 9F%E3%81%AE%E3%81%8A%E6%98%BC% E3%80%8C%E3%83%8F%E3%83%9E%E5% BC%81%E3%80%8D%E3%81%A3%E3%81% A6%EF%BC%9F/14623054 ☆給食かわり「ハマ弁」1食に市費6千円:朝日新聞https://t.co/JqUGXzdFub中学校給食を実施していない横浜市が、 給食のかわりに導入した配達弁当「ハマ弁」の市費負担が、 2016年度に1食あたり6313円にのぼったことがわかった。 利用率20%を想定したのに、実際は1%台に低迷している☆井上さくら市議ツイート(5/30)の市議会常任委員会で配布された資料です。#ハマ弁 食材費1食702円と私に質問されて初めて市教委として疑念を持 ち、事業統括する(株)JMCに確認したら「誤り」 が判明したのでごめんなさいという趣旨。珍しいですよね、こういう公文書が配布される市議会も。https://t.co/4dlvok8wvM ☆"1食6000円超"するという「ハマ弁」。 その中身はありきたりの業者弁当です。 - 中学給食がない横浜市の代替策「公費6000円弁当」の波紋 https://t.co/V0egsLui5C 以下、現場の先生の声や教育委員会問い合わせでわかったこと▪先生にも食べてもらって喫食率を稼いでいる ▪当日注文用に券売機をリース( ボタンはハマ弁と先生用のボタンのみ)▪当日注文の効果は0.1%にも関わらず、 1校だけ伸びたとして11月までの当日注文を1校だけ3月迄行う そう(余ったのは教育委員会で買い取るのかも) ▪ハマ弁当日注文は2420個販売、1411個破棄以下監査請求でわかったこと。★ ハマ弁の振り込手数料を税金で負担するためのシステムつくるため の予算1121万円★クレジット1837870円コンビニ1198055円合計30 65625円の振り込み手数料が税金で負担されている★パンフレット2300万円★キャンセル対応経費742000円(当日キャンセル出来ず、 2日前にキャンセルしてもキャンセル手数料が発生している)★小学校試食会配送経費485000円その他見積り(五%の利用予測) より値上がりして実際払う金額が上がっているもの★サーバー値段230万円→270万円(年度途中で上がるもの? )★システム保守管理費用1200万円→1680万円( 年度途中で上がるもの?)★配送車代リース代3840万円→4435万円★調理費用4億4280円見積り→調理費用1億2860円※ 調理費用は見積りより実際の利用率が下がっているのに全体の支払 い合計金額はほぼ同じ。調理費用以外のものを値上がりさせている 内容ハマ弁に関わる業者は以下の通り▪ペイデザイン代金決済▪TORAT 注文システム▪ビーウィズ サポートセンター▪タカギ産業 弁当容器▪ハーベスト、美幸軒▪LSIメデイエンス衛生管理ハマ弁工場は綾瀬や川崎→雪の日の届かない、渋滞で昼食に間に合わないことがあるから振込先銀行は千葉銀行→振込手数料は保護者に負担かかると購入されないので税金負担ハマ弁サポートセンターは、北海道→北海道災害でサポートセンター繋がらない、電話もフリーダイヤルではない異物混入続いている他にもありますが書ききれないのでこの辺で。 横浜市教育委員会と林市長がこのハマ弁予算を子どもたちのために使っているとは明らかに思えないので、速やかに中止をしてほしいです。